オイル交換

オイル交換してきました。

PANDAさんに教えてもらった、Mモータースでやりました。
Mモータースは、モロに町の修理工場といった風情(失礼!)で、
PANDAさんに教えてもらったのでなければ、絶対入らないような店構えでした。

最強のディスカウントストア、ビッグ1であらかじめ買っておいたモービル1を持ち込みました。

Mさんは、もっと渋い頑固な職人っぽい人を想像していたのですが、
明るくさわやかでひょうひょうとした感じの人でした。

ボクスターはリフトにあげられ、オイルを抜かれます。
Mさんは、モービル1見て、「うちのオイルのほうが安くて性能もいいのになぁ」と言ってました。
ドボドボドボとすごい量のオイルが入ってんだなー。

それで、今度はリアのトランクを開けたところからオイルを注入し、作業は完了。
早い!

作業終了後、事務所っぽいところで缶コーヒーを「飲む?」と渡され、おしゃべり。
Mさんはナローをお持ちだそう。シブい。
僕は、自分よりクルマ好きな人ってのはそうそういないと思ってるのですが、
PANDAさん、Mさんにはちょっと負けると思ってます。
そういう人になら、安心して自分のクルマ、任せられます。

帰り際、料金を請求されたが、「えっ、こんなんでいいの? 友達に頼んでも
もっと高いよ」ってくらいの低料金!!
安い!!

帰り道、アイドリングではあまりオイルを交換した違いは感じなかったですが、
回すとけっこう感触が変わりました。
交換前は、5000回転を超えるくらいから
「ズギャアアーーー」とけっこうけたたましく
回っていたのですが、交換後は
「シュオオーーーー」とまったくストレスなくレッドまで噴けるようになりました。
走りがやわらかく、心地よくなった感じ。

またホレ直しました。
[PR]
# by bp1178 | 2004-09-25 20:39 | クルマ

グーグル

グーグルで

「ゆるく生きる」

を検索したら、このHPが一番に出ていた。

なんかうれしかった。
全部で99件だけど。

ゆるく生きるなんて、めちゃくちゃ
ヒットしそうなんだけど、
みんな激しく生きてるのかなぁ。
[PR]
# by bp1178 | 2004-09-25 14:09 | 出来事

オレンジウィンカー

先日、横浜をチラッと通ることがあり、たくさんのBMWを見た。
ウソかホントか、横浜は「日本一BMWの多い街」と書いてある雑誌記事を
見たことがあるが、本当にBMWが多い。

もし僕が今、なんらかの理由で、ボクスターを手放し、4ドアセダンを
買わなければならなくなったら、迷わず3シリーズを買う。

もし僕が今、なんらかの理由で、ボクスターを手放し、ミニバンを
買わなければならなくなったら、迷わずムルティプラを買う。

もし僕が今、なんらかの理由で、ボクスターを手放し、スーパーカーを
買わなければならなくなったら、迷わず360スパイダーを買う。

もし僕が今、なんらかの理由で、ボクスターを手放し、トヨタ車を
買わなければならなくなったら、うーん、迷うなぁ… 
カローラのMT買って、覆面PC仕様に改造か!?!

話を戻す。

横浜でたくさんのBMWを見た。
ふと目にとまったのは、僕のすぐ前を走っていた325。
Mスポーツでなく、ナンバーは選んでなく、ウィンカーもオレンジ。
でも車庫証明シールは張ってなく、グレードも325。

これだけMスポーツがあふれ、みんなウィンカーをクリアにしてると、
逆にこういう一見気にしてませんよー風のがエンスーに見えてきた。
これで、内装を特注してたり、オーディオがすごかったりしたら
めちゃくちゃおしゃれじゃない?!?

いまやBMWはウィンカーがオレンジの方が少数派のような気がするが、
こうなってくると、あえてオレンジにしてる方がカッコいい気がしてくるから不思議だ。

マイボクスターのリアはオレンジウィンカーである。
これがすごく気になっていて、早くクリアにしようと思っていたのだが、
横浜の1台を見て、気が変わった。
現行ボクスターはすべてウィンカーがクリアであるし、どうやら987も
ウィンカーはクリアっぽい気がする。

となると、オレンジウィンカーでこのまましばらくがんばっていたら、
何年かしたらちょっと珍しい感じで、かえっておしゃれなんじゃない?!? 
という気がしてきた。
[PR]
# by bp1178 | 2004-09-24 22:05 | クルマ

つめきり

学生時代にドイツに行ったときに、ヘンケルスのつめきりを買った。
携帯用らしい小さいやつで、3、4千円くらいだったと思う。

それ以来、ヘンケルスを愛用している。
ヘンケルスでつめを切ると
「めりめり」とつめを切り取る感触が伝わってくる。

たまに、実家へ帰ったときなどに、普通のつめきりを使うのだが、
普通のつめきりは、つめを「パチン、パチン」とただ切る感じ。
切ったつめが飛ばないように収納する機能などはついているのだが、
つめを切る感触がよくない。

たとえて言えば、普通のつめきりは
ナタでえいやっとつめを切っている感じ。
ヘンケルスはニッパーでうりうりと切り取っている感じ。

ヘンケルスに慣れると、普通のつめきりはどこ切っているのか
分からないし、力まかせに切っている感じで、怖いと思うことさえある。

こういったところも、ただ運転しているだけの日本車と、
路面の状況までも伝わってくるドイツ車の違いのようなものが
表れているような。

「切り取る歓び!」のあるヘンケルスのつめきり、
東急ハンズなどでも売っているので、興味のある方はどうぞ。
義務でしていたつめを切るという作業が、楽しいものに変わる。
[PR]
# by bp1178 | 2004-09-23 21:30 | グッズ

アリーマイラブ 「愛は幻」

水曜深夜に再放送しているアリー・マイ・ラブを見ています。
以前、NHKでやっていた時も見ていたのですが、見逃したものも多いです。

主人公アリーは弁護士で、毎回いろんな事件に関わります。
今回は、簡単に言うと、愛がなかったけれど結婚した妻のことを、
夫が財産目当ての詐欺だと告訴した話。

アリー見てると、30代のキャリア女性も悩んでるんだなぁ、
と共感できることが多いです。

登場人物も、ひとくせもふたくせもあるキャラクターばかりで
「こんな法律事務所、ありえねーー」と思いながらも、楽しくなってしまいます。

個人的には、パワフルで、何事にもフザけてて、でもキメる時はキメる
リチャードが大好きです。
前向きに。

今回は、妻は無罪になるのですが、勝ったはずのアリーはちょっと
納得いかない様子。

劇中の「結婚生活に妥協するのと、結婚相手に妥協するのとは全然違う」という
アリーのせりふが、そおだよなぁ、と思いました。
[PR]
# by bp1178 | 2004-09-23 13:25 | ドラマ・映画