人気ブログランキング |

<   2005年 12月 ( 45 )   > この月の画像一覧

05年ラスト投稿!


 さーて、05年ラスト投稿も、ボクスターで締める!


b0028859_16575548.jpg

 後方のエアインテークで分かるが、鏡ではなくて、ボクスターの運転席ドア部。
 車庫の映りこみがすごい。

b0028859_1658560.jpg

 おしり。
 庭にはまだ雪が残っている…

b0028859_16581280.jpg

 ピース。


 2006年もよろしく!!
by bp1178 | 2005-12-31 16:58 | ボクスター

ガラスコーティング


 けさ起きて、昨日ボクスターに施工したガラスコーティングの具合を
初めて日光の下で見た。

 

 こ、これは…





 なんという美しさ!!

 朝起きたら、実家の母が矢田亜希子になっていたくらいのオドロキ!!



 風景がくっきり映りこんでいる。
 また、なんというか、塗装面がなめらかというか、イルカが濡れている
みたいな感じでなまめかしさもあるんだよね。
 うちの実家の車庫、ボロいので一晩置いておくと屋根から降ったホコリが
うっすら積もるはずなのに、なぜか全然ホコリも積もってないし。


 几帳面だか、いいかげんだかよく分からない性格の僕には、
業者に頼まなくてもこの素人施工レベルのガラスコーティングで
輝きとしてはじゅーぶんすぎるな(耐久性が違うのだろうけど…)。


 満足だ。



 以前、友人が「女はオトコのクルマをホメまくれ」と格言を言っていたが、
これホメられたらうれしいね。なんていうか、自分の子どもとか孫とか
ホメられるとこういう気持ちかなあと思う。
 


 女性は、オトコのクルマ、とりあえずドロドロではなかったら


 「クルマ、きれいですね」


 と一言言うと、とっても好感を持たれると思う。



 僕のクルマのこと、ゆーじさんが毎回のように「きれいですねー」と
言ってくれるのだが、「そうですかぁ~」とか答えつつも内心はかなりうれしい。



 オトコがホメなくちゃいけないものは何かな。
 髪型?? 服?? アクセサリー??


 


 もうひとつ、その友人の格言で僕が一番笑ったのは、



 「人間の女のコは半分以上かわいくないけど、犬はだいたいみんなかわいい」。
by bp1178 | 2005-12-31 10:52 | ボクスター

年末年始の過ごし方



 年末、職場ではあいさつ代わりに「年末年始は何するの?」という
言葉が飛び交っていた。

 
 僕は「実家へ帰ります」と言うと、とりあえずみんな納得してくれるので
良かったのだが、実家へいざ帰ってくると、特にすることなくて
ダラダラしてるだけだったりするんだよねぇ。


 年末年始に「スキー行きます」とか「ゴルフ三昧」とか言う人が
アクティブに人生を楽しむ方法を知ってるみたいでうらやましいな。
 僕もスキーはキライじゃないんだけど、道具そろえて、雪道走れるクルマ
手に入れて行くほどは好きじゃないだよね。早起きと寒さという僕が
苦手なものがついてくるものだし…

 そう考えると、カートも趣味になりうるよね。
 カート自体をレンタルするのであればスキーの道具をそろえたり、
スキーウエアを買ったりするのと同じかそれ以下の投資で始められるし。


 カートなら僕は寒くても走りたくなる。
 年末年始も「冬山でスキー」くらいカートも市民権を得られるといいのになぁ。


 でもサーキット、実家からよりアパートからの方が近いんだよね…
 


 地元へ戻ってくると、いろいろ気付くことがある。
 まず、僕みたく「安アパートに、似合わないクルマ」ってとこがよくある。
 これは、今住んでるとこだとほとんど見かけないのだが、地元だと
アパートに、Sクラスとか、SLとか5シリーズってのをよく目にする。
 僕はこういうとこで育ったので、今のアンバランスなのが正常に思えるのかなあ。

 走っていて思うことは、夕暮れ時、スモール+フォグで走るチャラいクルマが
非常に多いってこと。ヘッドライトじゃなくてフォグつけられると対向走っていて
距離感がつかみにくいからやめてほしいんだけどなぁ。本人はカッコいいと
思ってやってるんだよね。
by bp1178 | 2005-12-30 22:24 | 出来事

年末の大そうじ

 年末で実家に帰ってきた。

 午前中は家の大そうじ、午後はクルマのそうじを行った。

 
 ソリ黒のマイボクスター。
 普段はアパートということもありなかなかそうじしてあげられていないので
きょうはきっちりやってあげた。


 178号さんに分けて頂いた自分でやれるガラスコーティングを施工してみた。

 まず軽く洗車をし、それから粘土で鉄粉除去。
 この時点ですでにピカピカ。
 おぉー、ホレ直しちゃうなぁ。


b0028859_17423081.jpg

                    これは施工前。


 鉄粉除去後、もう一度洗車をしてからいよいよコーティング剤の塗布だ。

 
 庭には雪が残っていたが、気合と重労働で暑く感じるほどだった。


 
 コーティング剤を塗った後、2時間ほど乾燥させないといけないので
その間にアーマオイルで白く変色しつつある樹脂パーツを
もう一度黒々とさせておいた。樹脂パーツが黒くなると、引き締まる。

 



 さて、2時間後。
 コーティング剤を拭き取る。
 すでに外は真っ暗で、蛍光灯の下での作業。



 ひとしきり拭き終わると、おぉ、こ、これは!!!!




 まさにピアノブラック!!!
 ありえないくらい輝いている!!
 
 ボンネットなんて、ヘンな表現だが、「黒い鏡」みたいだ。
 自分の顔がくっきり映ってる。



 3年半たって、ある程度水アカや小キズがあるお肌でこれだから
新車にプロが施工したら、気が狂うくらいきれいになるよね…
 

 さー、これで新年を迎える準備は整った!!


 Myボクスター、ホントに素晴らしいね。
 こいつ自体にはいまもまったく飽きていない。
 ポルシェが新型モデルさえ発表しなければ、
他社のクルマには何ら心動かされることないのだが…
by bp1178 | 2005-12-30 17:42 | ボクスター

モールトン


 モールトン、ついに納車準備完了の連絡があった!!


 うおー、ついにきたかーーー。



 だけど、ちょっとこれから忙しいので、取りにいけるのは
年明けかなぁ。


 うおお、ついにきたぜーーー!!!!
by bp1178 | 2005-12-29 17:58 | ゆるく走る ~自転車~

Mr.&Mrs.スミス


 映画「Mr.&Mrs.スミス」を見てきた。

 
 うーーん。

 B・ピットもこういう映画に出るようになっちゃったかーという印象。
 「セブン」に出たとき、なぜこれに出演したのか、との問いに
ピットは

 「刑事役で、派手にドンパチしたかったんだ」

 とインタビューで答えていて、「そっかー」と真に受けた当時の僕だが
実際観に行ったら全然違う映画で、さすがB・ピットは一味違う!
と感心した覚えがある。

 時は流れ「Mr.&Mrs.スミス」だが、なんか僕にはただの
オノロケ映画にしか見えなかったような…

 倦怠期の夫婦、真っ只中の人が見たら、もうちょっと深い意図を
読み取ることができるのかもしれないが、僕にはそこまで分からなかった。


 僕が印象深かったシーンは2つ。



 ロックをガンガンにかけてバギーで仕事に向かうピットが、なんか
モロ、ノー天気なアメリカ人、って感じで、カッコいいなあと思った。

 
 朝、ジョリーとピットが一緒に出勤するシーンで会話しながら家を出て、
ガレージでお互いのクルマに乗り込むシーンで、結婚もいいかもな、と
なぜか思った。

 
 ガレージにこうやって夫婦のクルマ並べてあるのっていいね。

 
 黒ケイマンと、黒3シリーズあたり並べたいなあ。夢だなぁ。
 また、このごろレンジ・スポーツがやたらカッコよく見える。
ちょっと前まで、SUV買うなら、カイエンV6・MTと思っていたのだが、
レンジ・スポーツはカイエンよりカッコいいと思う。
 でもあの値段、ミラー(法改正で仕方がないが)はちょっと問題だが…
by bp1178 | 2005-12-29 17:56 | ドラマ・映画

携帯電話


 僕の携帯、電池があまり持たなくなってきたし
カメラがショボいのでそろそろ換えようかなっ、と店へ行ってきた。


 ところが、一体型というか、ストレート型は今ひとつもないんだそうだ…


 
 僕、折りたたみ式よりストレート型が好きなんだけどなぁ。


 春のモデルチェンジで、ストレート型がラインナップされることを
今回は待ちだ。

 
 それにしても、ストレート型って1機種も設定されないほど
人気ないんだぁ…

 僕が好きなモノってけっこう世の中の少数派なんだよね。
 気に入ってる雑誌もよく廃刊になるし…
by bp1178 | 2005-12-29 17:32 | 出来事

リモア サルサ 

 Pオーナーの間でこのごろ話題のリモア、
勢いでキャスター付きのを買ってしまった。

b0028859_1613382.jpg


 機内持ち込み可能のサイズ。
 中は、棒がある分スペースが減っているのだが、
海外だけでなく、国内の小旅行に使うことも考えると
これがベストのサイズかな。


 ジローラモさんが、赤のサルサのデカいやつを持っていて、
カッコよかったのだが、赤はジロさんのようにキャラが立ってないと
似合わないよね、と無難な黒にしてしまった。


 さー、06年もガンガン旅に出るぞーー!!
by bp1178 | 2005-12-29 16:13 | グッズ

仕事納めと今年の6大ニュース


 きょうは仕事納めだった。
 午前中は平常業務、午後はずっと大そうじしていた。


 僕の隣の席のYさんの机はすごい。
 パッと見はゴミの山にしか見えない…
 ときどき雪崩が起こり、書籍流?が僕の方へも襲ってくる。

 だが、こんなにすごい机なのに、
 
 「Yさん、あの書類ってありますか?」


 と聞くと

 「うん、あるよ」

 と言ってゴミの山の中からひょいっと出してくれるのがフシギでしようがない。
 この一見無秩序に見える混沌だが、彼の中ではきちんと
整理されているってことだよね。




 さて、今年を個人的6大ニュース形式で振り返ってみよう!





 6位 自転車事故

     これまで、死ぬことなんて意識したことなかったけど、
    今から思うとあの時ホントに死んでたかも。
     それから、その勢いでなぜかBSモールトンも買ってしまった
    (納車はまだ)。
     BSモールトンも、会社では表向きは「すごいねー」と言われるが
    内心は「そんなのにお金使うなんて、なに考えてるんだ??」ってのが
    アリアリ…(汗)。


 5位 カートシリーズ戦参戦

     幸田耐久レースに本格参戦。
     カートだけでなく、人生のいろんなことを学んでいる気がする。
     また、サーキットでいろいろな人と出会えたり、
    月一で定期的に友人に会えるのもいい。



 4位 結婚ラッシュ

     僕もだんだんお年ごろで、友人が結婚ラッシュ。
     いろいろ思うところがあった。
    自分のときはこうしたいなーというプランを練った
    (ってそういうことじゃなくて?!?)。






 3位 人生初中国!(しかも2回)
 
     去年のいまごろは全然考えてなかったのだが、人生初めて
    中国へ行ってきた。2回目はF1も観戦!
     中国の強烈なパワーを感じた。
     抗日運動などのイメージが強かったのだが、普通に暮らす
    中国の人は一生懸命で素朴で好感を持った。

     F1は、「上海GPなんて来られるの人生で1回だけだろうし、
    オーロラビジョンがないとなにがなんだか分からん」ということで、
    生涯初めてグランドスタンドを奮発!    
     自由席で見るF1は、マシンが目の前0.5秒くらいしか見えないのだが、
    やっぱグランドスタンドはええわ。
     来年の鈴鹿(ひょっとしたらラスト開催?!)もグランドスタンドで
    見たいなぁ。







 2位 引越し

     転勤に伴う転居。また知り合いゼロのところからの出発だった。
     3月4月は、いまのボクスターをどう保管するか悩みまくり、
    売却もマジで考えていた(結局は、露天にボディカバーという妥協策)。
     友達みんなに「BPがT市って全然似合わん」といまだに言われてる。
     適度に都会、適度に田舎で、住みやすい街と言えるのかもしれない
    けれど、僕的には一刻も早くどこかへ引っ越したいな… 










 1位 ケイマンついに登場

     そしてやはり1位はボクスタークーペ=ケイマン 登場!
    今年1月にボクスタークーペの写真が出回り、caymanという名称が
    出て「カイマンかケイマンか?!」と論議したのがなつかしい。
     その後、写真がチョロチョロ出回り、小冊子、ムービーと
    小出しにしてくる作戦で洗脳され、最後に12月に実車でノックアウト寸前!
     ブログなどで1年間、おおいに盛り上がることができた。
     06年も引き続き目が離せない。


 というわけで、05年もいろいろあった。
 A県的には、万博、新空港といったビッグプロジェクトもあった。
 思い出したら、6大ニュースにさらに追加するかも。

 とりあえず、今年もいろいろとありがとうございました。
 良いお年を~。
by bp1178 | 2005-12-28 21:40 | 出来事

ポルシェをボコボコにする


 といってもホントにバットでたたいたりするわけではないが、
雑誌を見ていて思ったこと。


 

 430や360のインテリアを見ると、僕は想像力が刺激されまくって


 「あー、この車内で隣に超いい女乗せて(Fで連想するのは
なぜか吉田由美(元モデル・自動車評論家))、ドライブしてぇー」

 
 と妄想が暴走し出す。



 その光景が一瞬でアタマの中に浮かび、窓の外が見慣れた
低い視点から見た街の光景になって僕がそこで快音に包まれて
ドライブしている。



 それで、そういうのが現実のものになるような錯覚を起こし、

「だったらイッセン万オーバーの価格もしようがないなあ」
 
 という気になる。(買えないけど…)
           (イッセン万オーバーってのは中古モデナの話ね)
 



 一方、今のポルシェのインテリアの写真見て僕が想像することは



 ~~~~ポルシェの社内での会議


 デザイナー
  「このインテリアは、メルセデスからお乗換えのお客さまにも
違和感がないことをメーンテーマにしました」


 重役
  「素晴らしい! それでいこう!!」


 という光景。



 実車は、圧倒的な品質感があり

 「まあ、これもアリかなぁ」

 と思わされてしまうのだが、僕はいまだにこのインテリアは
完全には好きになれないなぁ。


 空冷時代のように、


 「自分、硬派ッスから!!」


 と言い切ってるデザインなら、それはそれでいいんだよね。

 友人の964の車内、夜見ると昔の飛行機みたいな感じで
ホンットに心の底から「カッコええ!!」と思えるんだけど、
なーんか今のポルシェのインテリアは商売の気配を色濃く
感じるんだよねぇ。


 エクステリアは、むちゃくちゃカッコいいと思うんだけどなあ。

 先祖がえりするならするでもっと完ぺきに空冷時代のような
インテリアデザインにしてほしい。
 特にあのダッシュボードの半分くらいの面積を占める5連メーター!
 あれは復活させてほしいぞ。

 そこまで先祖がえりしないのであれば、996/986の
近未来路線で押してほしいんだけどなぁ。
by bp1178 | 2005-12-26 21:11 | クルマ