人気ブログランキング |

同年代の台頭。


 僕と同年代の人たちが世の中で活躍し始めた。


 子どものころは、世の中で活躍してる人ってのは
僕よりずっとお兄さん、お姉さんだと思っていたのだが、
まずは中田英寿や佐藤琢磨らの僕と同年代のスポーツ選手が
活躍し始めた。


 その後、平野啓一郎や水野敬一といった作家、
そして高橋智隆や山崎直子といった科学者?、宇宙飛行士も
メキメキと頭角をあらわしてきた。

 
 山崎さんは、僕が就職したころに、宇宙飛行士として認定という
ニュースを見たのだが、それから数年を経てついに宇宙へ。

 
 宇宙飛行士って、僕が子どものころあこがれた職業の
ひとつなのだが、調べてみると想像以上にスーパーなんだよね!!!!
 頭脳も体力も肉体も精神力も完ぺきといった
スーパーマン、スーパーウーマン。


 山崎さん、東大工学部航空学科卒業後、アメリカに留学し、
その後東大の院で修士号。
 宇宙飛行士の訓練っていま本屋に並んでいる
09年1月号のGQに民間宇宙飛行士の訓練について
少しだけ紹介されているが、読んでるだけでクラクラしてくるほどの
ハードさ。

 先日、インタビュー記事で山崎さんが
「訓練はハードだったが、その中で週1度の
ジェット機の操縦訓練が息抜きだった」
 みたいなこと言っていて、そうか、宇宙飛行士は
普通の飛行機の操縦くらいは軽くできちゃうのか、、、
とあらためて猛烈なすごさを実感した。

 GQ誌によると、そんな宇宙飛行士の最もつらいことは、
ハードな訓練でも機器の不調でもなく、
宇宙から帰ってくることなんだって!!!
 帰ってきて、地球の暮らしに戻るのが訓練よりもつらいほど、
宇宙ってのはとてつもなく素晴らしいところなんだね…
 僕が生きてるうちに宇宙旅行、100万円くらいで
行けるようにならないかなぁ。

 
 
 僕も、うちの支社ではエース級に成長しつつあるけど(嘘爆)、
世界で活躍する同年代に負けないように、レベルは全然違うけど
ますます頑張ろう!! って思う。


 
by bp1178 | 2008-11-24 17:07 | 笑える出来事
<< チャイニーズデモクラシー チャイニーズデモクラシー! と... >>