人気ブログランキング |

某所にて ~GT3とコスプレとボクスター~


 
b0028859_22131698.jpg

         ボクスターとGT3 てか、車高が全然違う…

 

 恋焦がれた993の最終列車を見送り、996型911がデビューした
ときの落胆はいまでもはっきりと覚えている。

 
 なんだよこのクルマ! これが911? これがポルシェ??
 

 雑誌ポルシェファンの創刊号の表紙には「996を好きになりたい」と
書いてあったが、あれは当時の大方のポルシェファンの気持ちに
近いものがあったと思う。

 
 ところが、その996も、GT3が出たとき、僕はいっきに好きになった。

 ENGINE誌の記念すべき第1号長期リポートカーにもなったGT3。

 あのころから、水冷911もちょっとずつ認めてやるか、という気持ちになった。


 また、ポルシェ911 GT1 98の鈴鹿での激走を実際に見た僕には
初期型GT3の涙目はGT1とイメージが重なってしまう。


 そんな理由で、ポルシェの中のポルシェ、初期型GT3は
僕が最も好きなポルシェの1台だ。



 そのGT3と某所にて遭遇し、親切なオーナーにいろいろ話を聞くことができ、
シートに座らせていただき、エンジンまでかけていただいた。
 珠玉の1台に、気軽に触らせてくれた心の広いオーナーに感謝!


 そして、ポルシェの本気が感じられるGT3のオーラ、
具体的には、踏みごたえのあるクラッチ、おもいっきり体をホールドする
バケットシート、角度調整可能なブーメラン型リアウイング、そして
これが水冷エンジンとは思えない、重低音で爆音のエンジン音に
やられてしまった…



 
 あの問答無用の雰囲気、寄らば斬るぞ、ってのがたまらないなあ。
 オーナーも、「すぐ回るよ」と話していたが、てごわそうだなぁ…
 うーん、これはやっぱり、いつかはオトコは黙ってGT3かぁ?!?


 でも、でもね、強がりじゃないけど、ボクスターにはボクスターの良さが
あるんだよね。カジュアルで、屋根も開くしね!



 
 
 
 
by bp1178 | 2006-04-30 22:28 | クルマ
<< 好きな芸能人 BBS礼賛 >>