人気ブログランキング |

クルマ屋めぐり  三菱・i



 三菱・iを見てきた。

 出かけていった先に三菱のディーラーがあり、
i がたくさん置いてあったので、ちょっとのぞいてみた。


 ホントにいい形してるなぁ。
 軽自動車とは思えないし、もっと言えば日本車じゃないみたいだ。


 眺めてるとセールスさんが話しかけてきた。
 
 「カッコいいけど、ちょっと値段が高いっすね」


 と言うと、


 「みなさんにそう言われるんですよぉ。でもスマートエントリーが
ついてますし、最上級グレードはディスチャージも標準。
ABS、エアバッグ、15インチタイヤもついてますし
ターボ付きで走りはリッターカーと遜色ありません。ロングホイールベースで
居住性もコンパクトカーと同じ。つまり、コンパクトカーとほぼ同じ
クルマで、維持費が軽自動車ととらえてください」って。



 おぉ、そう言われると、この強気の価格設定も説得力があって
オトクに思えてくるぞ。



 さかんに「一度乗ってください」と勧めてくれたのだが、出先ということもあって
ちょっと悪いかなぁ、という気がしていた。
 
 あまりにも勧めてくれるので「実はこのあたりに住んでないんですよ」と
話すと、「それでもかまいませんよ。乗ったら買わなきゃいけないってものじゃ
ないですし、もし気に入ってもらえて(よそでも)買ってもらえれば
三菱にとってはプラスですから」って。


 
 うーん、本心はきっと違うんだろうけど、なんて素晴らしい言葉!
 ちょっと感動して、試乗させてもらうことに。



 
 乗り込む。
 メーターがなかなか斬新。
 タコがアナログで、速度計がデジタルってのはポルシェと同じロジックだね。

 エンジン始動させて走り出す。

 当たり前だが、エンジン音が後ろから聞こえてくる。
 ハナ先が軽い。
 ミッドシップのため、ブレーキをかけるとノーズダイブが軽微で
しっかりとブレーキが効く。

 これはリキ入ってるなぁ、と思った。



 アクセル踏み始めが敏感で、慎重に踏まないと跳び出しそうになること、
ブレーキ踏み始めのストッピングパワーの立ち上がりがいまいちな
ところが気になるが、それは僕がドイツ車の感じに慣れているからであって
慣れれば問題ないだろう。


 僕は以前、セルボに乗っていた。
 そのときのイメージだと、軽の中は狭いし、遅いし、安っぽいし
ホントに我慢して乗るクルマだったのだが、i なら走りも別に悪くないし、
ハナ先の軽さからくるコーナリングの良さはファンとさえ言えるものだった。


 車内でセールスさんは、「以前は三菱にはまったくお客がこなくて
ホントにつぶれそうだったし、僕もクルマの説明をする機会がなくてつまらなかった」
 「i が出て、お客さんが来てくれるようになって本当にうれしい」
 「お客さんがいなかった時期を経験しているので、試乗したいって言ってくれる
お客さんは、神様みたいに思える」

 とホンネトーク炸裂で面白かった。

 
 

 ディーラーへ戻ると「ちょっと待っててください!」と
i のミニカーをくれた。


 いやあ、なんか自社製品に誇りと愛情を持っている感じが
びしばし伝わってくる人で、とても気分良かった。



 帰ってから i のオプションカタログを見ていたら、驚いた。

 ディスチャージは標準だが、さらに6000kのバーナーが設定されている!
 シトロエンみたいなアロマもある!!!
 シフトノブやドアミラーをモモデザインにすることもできる。
 BLITZのブースト計まで設定してあるぞ。
 かなりマニアックなオプション設定だよね。


 うーん、これは三菱はマジで本気だな。
by bp1178 | 2006-02-25 16:56 | クルマ
<< クルマ屋めぐり ターフ 名古屋駅 >>