人気ブログランキング |

コンセプトメーク

 
 きょうは会社の忘年会vol.2だった(年内はまだずっと仕事だけどね)のだが、
店から出るとここって雪国? な景色になっていた。


 うちに帰ってボクスター(だけ)雪かき。



 ところで、相変わらずケイマンのことを考える日々だ。



 ただ台本を読むだけではいい劇はつくれない。
 登場人物の背景を考え、どういう人物像かを徹底的に
ディスカッションしながらキャラクターをつくっていかないと、
人の心をうつものはできない。

 
 ケイマンも、ただオプションを選ぶだけではなく、いったいどういうクルマなのか、
どういう方向性へいくのか、といった基本のところをしっかりと考えていきたい。

 

 と、カッコいいことを書いているが、要はそういうどうでもいいことを
考えるのが好きなんだな、僕は。


 同じモノを見ても、人によって解釈は異なる。

 ケイマンを、サーキット走行バリバリオッケーの硬派な走りマシンと
とる人もいれば、アフォーダブルな911ととる人もいるだろう。

 このごろの僕の中でのコンセプトは、JUNさんの
「ケイマンには、今までのポルシェにはなかったオプションがいろいろ
設定されている」という言葉にヒントを得て、


 「ポルシェ初の、カッコ良さを徹底的に意識したライフスタイルカー」


 かな、という気がしつつある。

 「そんなわけねぇだろ」という意見の方も当然いるだろうが、
これはもちろん僕の解釈であり、本当はこの言葉で表現している以外にも
いろいろと思うところもあるのだが、端的に表すと上記のフレーズになる。


 「カッコ良さ」というところに、走りの凄さ、というものも含まれている。

 また、カッコ良さを意識すると、少しモードっぽい感じも入り、
今の気分を反映していると同時に、eternalな存在感という点では
911に負けるかな、という気もしている。

 
 となると、オプション選びやドレスアップの方向性も、
上記のものを尊重した方向で進めるべきかな、と思っている。


 サンルーフは、やはり必要になってくるかなぁ。
 GT3のような走り命! みたいなクルマにサンルーフがあるのは
ダサいというのは僕も思うし、GT3を買うのであればサンルーフより
むしろロールバーとか入れたいと思っているのだが、カッコ良さを徹底的に
追求したクルマとなると、やはりサンルーフはつけたいな、と思う。

 人気blogランキングへ 
by bp1178 | 2005-12-22 22:38 | クルマ
<<                ... クリスマス前~ >>